著者アーカイブ PR / Nakano

著者:PR / Nakano

ユアサ商事株式会社及びユアサプロマテック株式会社との業務提携に関するお知らせ

モノづくりの現場における熟練技術者の技を継承・拡張する「匠の技AI工場」開発を目指しPoCからIoT導入までシームレスにサービス提供

 

 コンサルティングを中心にAI関連技術を活用した新規事業創出を行うconnectome.design(コネクトーム デザイン)株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐藤聡、以下「COD」)は、ユアサ商事株式会社(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:田村 博之、以下「ユアサ商事」)及びユアサプロマテック株式会社(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:三原 豊、以下「ユアサプロマテック」)と業務提携契約を締結し、2019年12月より協業を開始いたしましたので、お知らせいたします。

 2018年6月に創業したCODは、ディープラーニングをはじめとした人工知能関連技術を用いて様々な社会課題を解決し、社会全体のWell-beingの向上を目指すベンチャー企業です。主力事業は、AI関連技術を活用した新規事業創出であり、ハンズオン形のコンサルティングサービスの他、『知の爆縮』を起こしAI関連プロジェクトを強力に推進する仕組みである「ai-guild」(エーアイ-ギルド)と最先端AI技術を現場で容易に活用できるプラットフォームであり、分析ノウハウやアルゴリズム、データを取引できるマーケットプレイスである「metabase」(メタベース)(2020年4月よりα版提供開始予定:商標登録申請中)の研究開発および実証を進めております。

 従来、日本の製造業界における強みであった「現場力」は、新規雇用が困難な環境にあり、さらにこれまで製造業界を熟練者として支えてきた団塊世代のリタイアを直前に控え、深刻な人材不足に直面し維持・向上が難しい状況を迎えています。この度の業務提携は、製造業スマート化のためのアセスメント・PoCの実施から、現場へのIoTデバイスの導入・スマート工場実現まで、一元的なサービスを提供することを目的としています。最新ハードウェアとディープラーニングを含むAI関連技術の組み合わせによって、熟練者の「匠の技」を維持・拡張する次世代型のスマート工場の実現を強力にサポートします。

 CODは、製造業界へのAI実装における豊富な経験を生かし、これまで熟練者の技術や経験により支えられてきた、検査工程、設備保全、工程管理、設計等における匠の技を自動化し、頭脳となるAI、視覚となるIoT、手足となるロボットを組合せたAIの実装を実現すべく、コンサルテーションおよび工場内の各種データの収集、解析、検証を行うPoCを提供します。また、ユアサ商事及びユアサプロマテックは、ユアサ商事が有する創業353年の歴史・信頼・実績・経験を生かし、CODが実施したPoCの結果をベースに、AIとロボットを連携する最適なカメラやセンサーなどのIoT機器の選定、設置サービスを提供します。

 三社は、製造業界におけるサービス提供において連携し、モノづくりの現場である製造業界の工場へのAI実装を促進し、熟練技術者の技を継承・拡張する「匠の技AI工場」の開発に取組みます。

 CODは、多様な業界との協業および自社事業の展開により、AI関連技術を活用した新規事業創出に取り組みテクノロジーの社会実装を進め、社会全体のWell-beingの向上に貢献してまいります。

  • 「知の爆縮」とは、一つの目標に向かって人知・マシンリソース・データを集結して内向きに力を結集することにより、普段の業務では得られない、爆縮(=爆発の圧力を内部圧力の上昇に向かわせ、通常では得難い物理現象を発生させる)による並外れた集合知を発生させる仕組

 

【ユアサ商事株式会社について 】
会社名: ユアサ商事株式会社
代表者: 代表取締役社長 田村 博之
本社在地 : 東京都千代田区神田美土代町7番地
資本金: 20,644 百万円(2019年3月末)
事業内容: 
・創業353年の歴史を持つ「機械と住宅の複合型専門商社」
・7つのコア事業
産業機器部門/工業機械部門/住設・管材・空調部門/建築・エクステリア部門/建設機械部門/エネルギー部門/消費材・木材部門
・5つの成長分野
海外事業/ロボット・AI・IoT事業/新流通事業/環境・エネルギーソリューション事業/レジリエンス&セキュリティ事業
・各事業領域において、販売先約20,000社、仕入先約6,000社のネットワークと独自機能を通じ、「産業とくらし」に不可欠な商品・システムを販売。
URL: http://www.yuasa.co.jp/

 【 ユアサプロマテック株式会社について 】
会社名: ユアサプロマテック株式会社
代表者: 代表取締役社長 三原 豊
本社在地 : 東京都千代田区神田美土代町9番地1 MD神田ビル5階
資本金: 305 百万円(ユアサ商事株式会社全額出資) 
事業内容: 
・駆動機器、油空圧機器、バッテリー、エンジン、工作機械、工場用品の販売
・バルブ等工業資材の販売
・物流機器、及び食品機械の販売および設置工事
・合成樹脂原料、プラスチック成形品、鋳物の販売
・専用機の設計製作および金属加工品等の受託事業
URL: https://www.ypm-jp.com

 

 

著者:PR / Nakano

JDLA主催「CDLEハッカソン」の最終結果を発表しました!

G検定およびE資格の合格者の更なるスキルアップおよびスキルの実践の場、合格者同士または合格者と企業・研究機関との交流の機会を提供し、ディープラーニング人材のさらなる技術向上および活躍に貢献することを目的にJDLAが主催した「CDLE(シードル:Community of Deep Learning Evangelists)ハッカソン」の最終報告会を2019年9月28日(土)に開催し、佐藤は審査委員長を務めました。

スポンサーである矢崎エナジーシステム株式会社(代表取締役社長:矢﨑 航、本社:東京都港区)より提供いただいたデータをもとに、5名×6チームの計30名が、資格試験で得た知識を活かし、データの利活用およびAIモデルの開発に取り組み競うものです。結果は、大賞が「ABEJAチーム」、矢崎賞に「GAUSSチーム」が選ばれました。

詳細は以下のリンクよりご確認ください。

▼JDLA: G検定・E資格合格者を対象とした「CDLE(シードル)ハッカソン」 結果発表に関するお知らせ
https://www.jdla.org/news/detail/20191001002/

著者:PR / Nakano

EDGEMATRIXとドコモが事業化を目指すエッジAIプラットフォーム事業にパートナーとして参画

EDGEMATRIX とドコモより2019年8月29日に発表され、2020年1月以降に試用化が予定される「エッジ AI プラットフォーム」事業に、CODはパートナーとして参画します。「エッジ AI プラットフォーム」とは、エッジ AI を実現するデバイスを一元的に管理する機能とともに、さまざまな AI アプリを販売・購入できるマーケットプ レイスを備えたプラットフォームです。2社のプレスリリースにエンドースメントを提供させて頂きましたので、お時間ある際にご一読ください。

『EDGEMATRIX とドコモがエッジ AI プラットフォームの事業化に向け、出資および業務提携に合意』

著者:PR / Nakano

第6回宗像国際環境100人会議の分科会に登壇

2019年8月24日に開催されました「第6回 宗像国際環境100人会議」の「分科会③ソサエティ5.0 新たな未来社会」で、佐藤がAIについて講演をさせて頂きました。

著者:PR / Nakano

KUDENでの講演内容を動画で公開

2019年8月7日(水)に開催されましたKUDENでの佐藤の登壇の様子を動画で公開頂きました。以下、リンクよりご確認ください。

「善い心を持つAIは日本だけが作れる」佐藤 聡 Akira Sato at KUDEN

著者:PR / Nakano

「2019年度全国栄養士大会」のシンポジウムに佐藤が登壇致しました。

公益社団法人日本栄養士会が主催し、2019年7月27日、28日に開催された「2019年度全国栄養士大会」のシンポジウム「Society5.0と栄養業務―AIを活用した管理栄養士・栄養士の未来―」に佐藤が登壇し、「経済発展と社会的課題の解決を両立していく 新たな社会であるSociety5.0」をテーマにお話をさせていただきました。

2019年度全国栄養士大会

https://www.dietitian.or.jp/84/2019/2.html

著者:PR / Nakano

新オフィスへでの営業を開始しました!

2019年8月5日(月)より、新オフィスでの営業を開始いたしました。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

新オフィス住所:

〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目1−4 画廊ビル701

著者:PR / Nakano

株式会社ジェイテクトとの業務提携に関するお知らせ

 コンサルティングを中心にAI関連技術を活用した新規事業創出を行うconnectome.design(コネクトーム デザイン)株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤聡、以下「COD」)は、株式会社ジェイテクト(本店:大阪市中央区、代表取締役社長:安形 哲夫、以下「ジェイテクト」)と業務提携契約を締結し、2019年6月より協業を開始いたしましたので、お知らせいたします。

 2018年6月に創業したCODは、ディープラーニングをはじめとした人工知能関連技術を用いて様々な社会課題を解決し、社会全体のWell-beingの向上を目指すベンチャー企業です。主力事業は、AI関連技術を活用した新規事業創出であり、ハンズオン形のコンサルティングサービスの他、『知の爆縮』を起こしAI関連プロジェクトを強力に推進する仕組みである「AIギルド」およびAIの社会実装を可能とするナレッジを誰もが自由に取引することができる知のマーケットプレイス「connectome.platform」の研究開発および実証を進めております。

 この度の業務提携では、ジェイテクトが持つ高度なモノづくりの技術と、CODが持つディープラーニングを始めとした人工知能関連技術の知識を活用し、新領域の事業創出・研究開発に共同で取り組みます。CODは、弊社技術アドバイザーである松尾 豊 氏(東京大学大学院工学系研究科教授、一般社団法人日本ディープラーニング協会理事長)の助言を得ながらコンサルティングサービスを提供し、ジェイテクトの新領域の事業創出・研究開発を推進します。

 CODは、多様な業界との協業および自社事業の展開により、AI関連技術を活用した新規事業創出に取り組みテクノロジーの社会実装を進め、社会全体のWell-beingの向上に貢献してまいります。

  • 「知の爆縮」とは、一つの目標に向かって人知・マシンリソース・データを集結して内向きに力を結集することにより、普段の業務では得られない、爆縮(=爆発の圧力を内部圧力の上昇に向かわせ、通常では得難い物理現象を発生させる)による並外れた集合知を発生させる仕組

【 株式会社ジェイテクトについて 】

会社名: 株式会社ジェイテクト

代表者: 代表取締役社長 安形 哲夫

本店在地 :大阪市中央区南船場3丁目5番8号

本社所在地:名古屋本社 名古屋市中村区名駅4丁目7番1号

      大阪本社 大阪市中央区南船場3丁目5番8号

資本金: 45,591百万円(2019年3月現在)

事業内容: ステアリングシステム、軸受、駆動部品、工作機械、電子制御機器などの製造・販売

URL: https://www.jtekt.co.jp

著者:PR / Nakano

JDLA理事再任のお知らせ

2019年7月2日に、「日本ディープラーニング協会」(JDLA)の役員人事が発表され、同日付で佐藤が理事に再任されましたので、お知らせいたします。

・理事改選に伴う新体制についてのお知らせ https://www.jdla.org/news/detail/20190703001/


著者:PR / Nakano

「NVIDIA AOI Summit Nagoya」に佐藤が登壇しました。

エヌビディアが主催し2019年6月20日に開催された「 NVIDIA AOI Summit Nagoya」に佐藤が登壇し、「産業界におけるAI活用戦略」をテーマにお話をさせていただきました。本セミナーは、AOI (自動外観検査) の海外事例と、AOI をサポートする最新 GPU 技術の紹介と共に、各業界のパートナーより AOI のためのソフトウェア、ハードウェアのソリューションおよびコンサルテーションサービスを紹介するものです。