top of page
  • 執筆者の写真聡 大谷

展示会参加のお知らせ:FOOMA JAPAN 2024(国際食品工業展)

FOOMA JAPAN 2024 概要


 connectome.design株式会社は、2024年6月4日(火)~7日(金)に開催されるFOOMA Japan 2024(国際食品工業展)でAIを搭載した2つの検査装置を展示致します。


・日時:2024年6月4日(火)~7日(金) 10:00~17:00 

・場所:東京ビッグサイト(東2ホール 小間番号:2N-28、株式会社エム・アンド・イー/ユアサ商事株式会社の共同出展ブース内)


[展示内容]

1. 汎用外観検査装置

 昨年好評だったユアサ商事との共同開発の汎用外観検査装置をバージョンアップ致しました。食品の両面を高速に検査できるようになり、様々な食品に適用が可能です。通常数ヶ月要するAIシステムの開発が、本装置を使うことで大幅に短縮できます。

 当社の高精度・高速のAI検査ソフトウェア codai inspectorも進化し、検査精度や使い勝手が更に進化しております。


2. 液体異物検査装置

 本年も液体の入った瓶等の容器に混入する異物を検出AI搭載の検査装置を展示致します。今回の展示では、いよいよ検査対象を一升瓶に発展させ、なおかつ検査能力を高めるために3本同時に検査ができるようになりました。

 異物を泡を見分けるAIモデルも更に改良し、一升瓶対応になっても小さな異物を検出するよう、検査能力も向上させております。

 ユアサ商事、アステックエンジニアリングとの共同開発で、商社・装置開発会社・AIベンダーのコラボレーションの成果をご覧いただきたいと思います。


 食品・飲料業界の異物混入は、回収に掛かる損失だけでなく、企業のブランドイメージを毀損する可能性もあります。また、現在多くの製造会社では検査を人による目視検査に頼っておりますが、安定的な雇用の課題もあります。

 今回の弊社の展示が、これらの課題を解決し、お客様の事業の一層の発展に貢献できると考えております。

 

本出展に関するお問合せは弊社営業(sales@connectome.design)までご連絡願います。


皆様のご来場をお待ちしておりますので、宜しくお願い致します。

閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

今年もDCONのメンターをやります!!

第5回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2024(DCON2024)で、弊社代表の佐藤が今年もメンターを担当します。 DCONは、「ものづくりの技術」と「ディープラーニング」を活用して事業化を企画し、企業評価額で競うコンテストです。2019年の第0回から6年連続で佐藤がメンターを務め、これまでも担当する高等専門学校が上位入賞を果たしてきました。今年は沼津工業高等専門学校のチーム「データド

当社のAI外観検査ソリューションが搭載された検査装置が再び日刊工業新聞に掲載されました

ユアサ商事株式会社と共同開発したAI外観検査装置F[ai]ND OUT EXが、再び日刊工業新聞(2023年11月24日)に掲載されました。 ユアサ商事の製造現場の知見・装置開発力と当社のこれまでのAI開発の経験とノウハウとを結集させた検査装置で、短期間でAIを用いた検査環境の構築が可能です。2022年7月、9月にユアサ商事主催で開催されたグランドフェア2023では、お客様が展示会場に持参された様

Comments


connectome.design 株式会社

開発センター

〒143-0016
東京都大田区大森北6丁目31−5

STビル1階

bottom of page